10:00 - 19:00
日曜・祝日(お電話を戴ければいつでもOPEN・お迎えにまいります)
2017年11月22日
ブログ

レインズ

業者間の物件情報サイトと言うのがわかりやすいでしょうか??

以下レインズについての記事です。

レインズへ物件情報を登録しない業者は存在する

不動産会社の中には、専任媒介もしくは専属専任媒介契約を結びながら、売却の依頼を受けた物件情報をレインズに登録しない悪質な業者がいます。これは違法なのですが、少なからぬ仲介業者が、今もレインズへの物件情報の登録をしていないようです。

 

なぜ、レインズに登録しないのかというと、それは不動産業者の儲けの仕組みと関係があります。

 

なぜ不動産仲介業者はレインズに物件情報を登録したがらないのか?

不動産会社は、売主と買主を仲介し、仲介手数料で儲けています。

 

不動産会社は、物件の売買を仲介する際、売主と買主の両方を世話すれば、双方から仲介手数料をもらうことができます。しかし、買主を別の不動産会社が世話した場合は、売主からの仲介手数料しかもらえません。

 

つまり、売り物件の依頼を受けた仲介業者は、買主を自分で見つけることができれば、売主だけでなく買主からも仲介手数料が入り、報酬が2倍になるのです。

 

そこで不動産会社は、売主・買主の両方から仲介手数料を得ようともくろんで、恣意的にレインズに登録せず、自社のみで全て完結しようとするのです。

レインズに必ず登録させるマル秘テクニック

あなたが売却を依頼した物件がレインズに登録されていないということは、あなたが売りに出した物件が他の不動産会社に公開されないということですから、「早く高く売れる可能性」つまり「売主の利益」を著しく損ねることになります。

 

専任媒介もしくは専属専任媒介契約を結びながら、レインズに売り物件情報を登録しないことは違法です。指定流通機構に加盟していない仲介業者に売却を依頼することは論外として、レインズに物件情報を登録しない不動産会社も、避けるのが賢明です。

 

 

arrow_upward